美容整形とは 整形外科と形成外科の違い

  • 整形外科と形成外科の違いって?

    身体機能を取り戻す整形外科と、外見的な異常を治す形成外科

    整形外科と形成外科。似たような名前なので、混同してしまう方も多いかと思います。しかし、実は整形外科と形成外科は、まったく別の診療科なのです。どちらも「人の身体」を対象とするという意味では同じですが、治療方法も違えば治療方針も異なります。
    具体的にいえば、整形外科は「身体機能」を回復する目的で治療を行い、形成外科は「見た目の異常」を回復する目的で治療を行う診療科なのです。「骨折」や「筋肉の損傷」を治療するのは整形外科で、「ケガや火傷で異常がある皮膚」や「先天的・後天的な奇形」を治療するのが形成外科です。
    ちなみに、一般的にいわれる「美容整形」は見た目を整えるための施術なので、整形という名前ですが形成外科の施術範囲となります。

  • 美容整形と整形外科・形成外科

    美容整形のみを専門的に行うのが美容外科

    整形外科と形成外科の違いについてお伝えしたところで、もう1つ、「美容外科」との違いもお教えします。美容外科では、形成外科が行う「美容目的での施術」を専門的に行います。
    つまり、美容に特化した形成外科、それが美容外科なのです。美容外科では、ケガの治療を行うことはありません。治療目的での施術は一切行わないのです。美容外科が専門とするのは、アンチエイジングの施術であったり、しみ・しわ取りの施術であったり、豊胸術などです。身体機能に異常があるわけではなく、見た目的にも異常とはいえないけれど気になってしまう、もっと美しくしたいという部位に美容施術を行う病院。それが美容外科なのです。

  • 整形外科と形成外科の保険適用について

    保険が適用されるのは医療目的の施術だけ

    整形外科と形成外科、それぞれの診療科で受ける施術では健康保険が適用されるかどうか、気になる方は多いでしょう。ここでは、その疑問にお答えします。
    まず整形外科で受ける施術は、ほぼ全般的に保険の適用が受けられます。これは、整形外科の施術は「身体機能の回復」、つまり治療が目的の施術となるためです。
    次に、形成外科の施術では、一部を除いて保険の適用が受けられます。例えば皮膚の病気で切除が必要であるような施術は、治療目的となるため健康保険の適用が受けられます。しかし、美容目的で行われるアンチエイジングや美容整形手術などは、身体の治療ではなく美意識の追求なので、保険の適用対象外となります。保険が適用されるかどうか不安な場合は、施術を受ける前に担当医に直接確認してみましょう。

オススメのクリニックを見る

美容コラム

病院選びはどこで、何を参考にしてつけたら良いのでしょうか。まず手軽に始められる情報収集の手段は、口コミです。口コミのメリットは、口コミだからこそ真実が語られている、という点にあります。口コミは誰の意見なのか、ぱっと見ただけでは判断できません。だからこそ口コミでは忌憚のない意見が語られているのです。口コミを参考にすれば、その病院の実態を知ることができます。また、実際に通ってみなければわからないはずのことも、口コミなら情報を集められるでしょう。口コミでは体験談を目にすることができます。施術を受けた当事者の意見は主観的で、だからこそ真に迫った情報を口コミから得ることができるのです。美容外科選びは、まず口コミからスタートしてみましょう。